雅子さまは皇太子さまの妃で、実家が小和田家のご出身となります。もともとは外務省のキャリア官僚というエリートでしたが、皇太子さまとご結婚。2001年には愛子さまも生まれましたが、2004年に適応障害という病気であることが発表されました。

 

この記事では雅子さまの適応障害と現在の状態、皇太子さまとの馴れ初めから結婚、現在の仲までまとめています。

 

雅子さまのプロフィール

 

雅子さま

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ)

続柄:小和田恆第一女子

全名:雅子

身位:皇太子妃・親王妃(皇太親王妃)

敬称:殿下

お印:ハマナス

生年月日:1963年12月9

 

 

雅子さまは皇太子徳仁親王の妃で、娘には敬宮 愛子内親王がいらっしゃいます。

 

 

雅子さま

出典:http://stat.ameba.jp/

雅子さまの家系図(小和田家・江頭家)

父親は元外交官・現国際司法裁判所判事の小和田恆さんで、母親は水俣病を引き起こしたチッソ元会長江頭豊・長女の優美子さんです。そのルーツを遡れば、海軍将官・南部藩士などもいます。

 

雅子さまは父親・小和田恆さんの仕事の関係で幼少期から海外生活が長く、だいたいですが、小・中学校時代は日本で、高校・大学は海外で過ごされています。

 

また学生時代から非常に優秀で、高校ではアメリカ政府から「ナショナル・オーナー・ソサイティー」(優秀な生徒に送られる)を、ハーバード大学では国際経済学を専攻しここでも優秀な生徒に送られる「マグナ・クム・ラウデ」を受賞しています。

 

帰国した1986年4月には東京大学法学部3年生に学士入学し、同年10月に外交官試験に合格し、1987年に大学を中退し入省。この際に女性初のキャリア官僚と話題になったそうです。

 

外交官として働き出した頃(1980年代後半)より、皇太子さまのお妃候補として名を取り上げられ始め、紆余曲折を経て1993年1月に妃に内定。

 

1993年2月には外務省を退職し、婚約を経て1993年6月9日に結婚されました。そして、その後2001年12月1日、雅子さま37歳のときに愛子さまが生まれています。

 

雅子さまの病気・適応障害について

 

 

次へ↓ ↓ ↓