6月24日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)の中で、TOKIOを脱退した元メンバーの山口達也(46)を連想させるシーンが登場した。

関連:「お酒とのつきあい方」人生を台無しにしないための“飲み方”

この日の番組は、「DASH島」を開拓する企画を放送。以前から製作中だった反射炉が、島を襲った暴風雨により崩壊。今回は反射炉を修復するとともに、雨対策として反射炉の上に屋根を作ることになった。

こうして丸太を組み合わせ、上部をトタンの板で覆った屋根を反射炉の上に設置。しかし、反射炉ができあがっていくにつれて屋根の高さが足りなくなり、新たな丸太を継ぎ足して屋根を高くすることに。

それは約250キロの重さの屋根を人力で持ち上げ、番線と呼ばれる方法により、丸太同士を針金で固定して高くするという重労働。力作業に不安のある国分太一(43)は、支点側を押さえる役割を担い、リーダーの城島茂(47)が丸太同士を番線でつなぐ。その間、松岡昌宏(41)と長瀬智也(39)がスタッフと一緒に屋根を持ち上げることになった。

 

次へ↓ ↓ ↓