タッキーの愛称で親しまれ、ジャニーズJrの時代から今でも高い人気を誇っている滝沢秀明。そんな滝沢秀明の家族構成や、舞台化もされたほどの複雑な家庭環境について、詳しくご紹介します。

 

ジャニーズJrの黄金期にリーダーとして活躍!”滝沢秀明”とは?

滝沢秀明・プロフィール

・生年月日:1982年3月29日
・出生地:東京都八王子市
・身長:169 cm
・血液型:A型 
・職業:歌手・俳優・タレント 
・ジャンル:テレビドラマ・舞台・CM 

堂本光一に憧れ、自分で履歴書を送り、1995年に13歳でジャニーズ事務所に入所しました。その後事務所の合宿所に入り、相葉雅紀、二宮和也、松本潤らと生活していたこともあったそうです。

同年、フジテレビ系の『木曜の怪談』における主演を経て、1998年、鈴木保奈美と共演した『ニュースの女』で人気を得ました。

ジャニーズJrのリーダーで、後輩思いな滝沢秀明

14,5歳の頃から社長のジャニー喜多川にリーダーとしての素質を買われ、ジャニーズJr.のリーダーとして、のちに嵐や関ジャニ∞となるメンバーや、山下智久、生田斗真らを含む総勢120人をコンサートなどでまとめる存在となりました。

また、”東のタッキー、西のすばる”とも称されたJr.黄金期をけん引しました。絶大な人気を誇り、別格扱いでもあったことから「小さいジャニーさん」とも言われていたそうです。

自身がデビューしてJr.を卒業した後も、舞台などで後輩Jr.たちと過ごす機会が多く、ジャニー喜多川がピックアップしてきた子たちの素質をなんとか見つけて育てたいという思いが強く、後輩思いな先輩だそうです。

後輩には頭ごなしに怒らない、喧嘩をした時にはキスをさせて仲直りさせるなどの独自の教育論をもってJr.の“教育係”として力を注ぎ続けています。

”滝沢”流の後輩を育てる「教育論」は、人間関係を重視!

 

 

次へ↓ ↓ ↓