2016年の1月にDAIGOと結婚した北川景子の夜の営み事情がおかしすぎると話題になりました。

美男美女夫婦の夜の事情はどのような状況になっているのでしょうか?

高校在学中、17歳の時に[6][7]地元神戸のモデル事務所にスカウトされ[6]芸能界に入る[6][7]

その後、「Seventeen」のオーディションを受け[7]、合格しモデルデビュー[7]2003年には「ミスSEVENTEEN」に選ばれる[8]。同年、テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』(中部日本放送)の 火野レイセーラーマーズ)役で女優デビューする[注 1]

2006年5月13日公開の『間宮兄弟』で映画初出演。

2007年10月クールのテレビドラマ『モップガール』(テレビ朝日)で連続ドラマ初主演。

2008年7月クールのテレビドラマ『太陽と海の教室』で、初のフジテレビ月9ドラマのヒロインを演じる。

2018年の『西郷どん』でNHK大河ドラマ初出演予定。

私生活

2016年1月11日、ロックバンド・BREAKERZのボーカルで歌手、タレントのDAIGOと結婚したことを所属事務所を通して発表した[4][5][10]。婚姻届は都内の区役所に代理人を通じて提出。同日、都内にてツーショットで記者会見を行った[4]。同年4月29日、都内で挙式を行い、グランドプリンスホテル新高輪で披露宴を行った[11]。DAIGOとは交際に至る数年前の2011年に『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』(TBS)初回で共演している。

スカウトされた当初は「まったく芸能界入りは考えていなかった」「最初は全く興味がなかった」と語っている[6][7]。スカウトされた当時のことを「私自身、普通の受験生の時にスカウトされて、『芸能界って入ることができるんだ』と驚いたくらいで」と振り返っている[6]。気分転換にタレントのレッスンに通いたいと親に相談したところ、「それで成績が伸びるのならいい」と言ってくれたという[12]。事務所に入って間もなく、『Seventeen』と『美少女戦士セーラームーン』の仕事が決まり上京した[12]

オリコン調査の『女性が選ぶ「なりたい顔」ランキング』で、2010年2013年2014年2015年と4度に渡り首位を獲得[13] [14]

中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)で、「5万人が本気で選んだ最も美人だと思う女性芸能人ランキング」で、ほぼ全世代で1位に選出される[15]

慢性鼻炎気管支喘息を持っている[16]

女優として

役によってカメレオンのように変わっていけるようになりたい。どんな役でも自分自身とは切り離して演じるというのが理想です」と語っている[17]

2014年3月に事務所の後輩であるももいろクローバーZとのスペシャルユニット『きもクロZ』(日本テレビドラマ『悪夢ちゃん』スペシャル版限定)を結成した際には、デビュー以来10年ぶりに本格的な歌やダンスの訓練を受けている。メンバーの高城れにからは「本当に私より踊りがうまい」と評された[18]

次ページはいよいよ↓↓