こんなに有名だったのに・・・

芸能界はルール守れない人には容赦ないんですね。
そんな怖い【芸能界の暗い闇】を紹介します。

芸能界から露骨に消された12人

お笑い芸人 まいける(マイケル)

母の看病に専念と言う理由で芸能界を引退したお笑い芸人マイケルですが、
本当の理由はセクハラ事件を起こし事務所を解雇されたのです。

マイケルは一般の女性をお持ち帰りすることを目的に合コン三昧の日々を送り、関係を持った女性から中〇しされたと告発されるも意に介さず、
事務所の再三の注意も無視して夜遊びを止めなかった為、遂に事務所を解雇され引退に追い込まれました。

野久保直樹

野久保直樹が一時期仕事を干された理由は所属事務所に事前相談もなく
独立を仄めかすコメントをブログに書いてしまい、事務所との関係がギクシャクしてしまったからです。

ワタナベエンターテインメントは「野久保との契約は、現在も続いている」と、独立に関しての報道を全面否定。ブログに関しては「野久保が事前の連絡をせず開設したものであり、午後5時に閉鎖した」と発表した。

この影響もあってか、2009年7月末から2010年3月末まで芸能活動を休業した。活動復帰後にその時期のことを「この先の役者人生において大事な時だったし、後悔もしてないし、大切な時間でした」と語っている

赤西仁の理由→結婚事後報告

2012年に女優・黒木メイサさんとの結婚が報じられ、
事務所にはできちゃった結婚、さらに事後報告になってしまいました。

その結果、赤西仁さんはペナルティとして全国ツアーの中止や主演ドラマの降板処分を受ける事になったのです。

黒木さんは10月に第1子を出産しましたが、
早くも翌年に綾瀬はるか主演のNHK大河ドラマ『八重の桜』に出演することが決定。
十分な産休を取ることなく仕事復帰となり、赤西さんとは対照的でしたね。

しかし赤西仁さんはペナルティ後の復帰時に

「恋愛禁止という契約があったらこの仕事やってないし、普通の男の子なんで恋愛はします」

そして2014年に事務所との契約満了、再契約は行いませんでした。

ジャニーズ事務所に真っ向から対立する意見で、
このような事柄に対する考え方の違いが退社という道を選択した本当の理由だったと考えられます。

ジャニーズを敵に回して、仕事がある人が未だかつていたのか・・

現在の赤西仁

そんな赤西仁さんですが、水面下でしっかりと活動を続けています。

2014年には「Shanghai west bund音楽祭」に出演し中国に初上陸。
「アジア人気アーティスト賞」や「年度音楽大賞」を受賞したり、
中国ドラマやCMに起用されたりと精力的に活動をしていました。

2015年に行われたツアー「JIN AKANISHI LIVE TOUR2015」も大成功しました。

悲惨なものになっていると思われていた現在の生活は案外順調なようで、驚きですね。

 

次へ↓↓↓