黒柳徹子が『HKT48』指原莉乃の触れられたくない“古傷”をえぐって、話題になっている。

7月25日に放送された日本テレビ『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演した黒柳は、MCの指原と会食をしながら対談。指原からこれまでに週刊誌に熱愛などを撮られたことはあるかと聞かれた黒柳は「1、2回」と答えると、すかさず指原に「あなたは?」と逆質問した。

指原は苦笑いしながら、かつて『週刊文春』にスクープされた過去を語るハメになり、「もともとAKB48ていう秋葉原のグループだったんですけど、スクープが原因で福岡のHKT48っていうグループに移籍しました。一からやり直しで」と淡々と説明。しかし黒柳は「あ、そう。へえ」と全く興味なさそうに応じるのみだった。

 

指原が語った“古傷”とは、2012年6月ごろ『AKB48指原莉乃は超肉食系でした』というタイトルで週刊文春がスクープした、元カレとされる男性による熱愛の暴露だ。指原がまだ16歳くらいの研究生時代に、恋愛禁止にもかかわらず男性と付き合っていたことが公になってしまったのだった。

SNSでは黒柳の態度に批判的な意見が散見された。

《黒柳はこんなナーバスな質問を平気で聞くのか》
《事前にリサーチしてから質問しろよ》
《指原のスキャンダルを知らなかったのか》
《トーク番組の司会者とは思えない無知》
《本当に芸能人かよ》
《これほどかみ合わない対談を見たことがない》
《キャスティング大失敗》

 

さすがの自然体が黒柳徹子らしさと評価

とはいえ、黒柳はもともと、あっけらかんと相手が痛いと思う質問をすることが“売り”でもある。批判するのがお門違いなのかもしれない。

「指原ファンとしては、触れてほしくない話題でした。そこをえぐっていく黒柳さんは自然体で聞いてしまうから、やはりすごいですね」(テレビ雑誌編集者)

ベテラン黒柳の熟練した“質問力”に軍配が上がったようだ。

 

 

指原莉乃が披露した「サシコ100%」批判の声が集中

 

 

次へ↓ ↓ ↓