【衝撃実話】母が入院し「私の部屋は汚いから掃除しないで」と言って他界していった。その後、母のタンスを開けると・・・

 

 

私は物心ついた時から、母が本当の母親ではないってことを知っていました。

赤ちゃんの時から育ててくれて、私が傷つかないようにと、小さいころからその事実を説明してくれていた。

私を生んだ女性のことは、母もあまり聞いていないようでした。私も興味がありませんでした。

母は私を愛してくれて、私はたっぷり愛情を受けて育ったので卑屈になったことはありませんでした。

父は田舎の長男なので、周りから男の子を作れと熱望されたのですが、母と父のあいだには子どもはできませんでした。

 

 

何年まってもできないので、祖母や親戚たちが母に対して「子ができないからわざわざ子のいる男を狙った」と嫌味を言うこともあった。

そんな中、両親は不妊治療を思いついたようだ。

父はすでに私という子どもがいるので、不妊の原因は母にあるらしいのだが、初診は夫婦そろって検査に行くことになった。

父は仕事の都合で結果を聞かずに帰ってしまって、母だけが結果を聞いて帰ってきました。

そして母は「やはり私が原因です」と言った。

周りからは責められたのだが、父と母は別れませんでした。

母は私や父にとても尽くしてくれる女性だったので、きっと父は別れる気がなかったのでしょう。

母は「私と離れるなんてできない」とも言ってくれました。

何よりも私が母にべったりだったので・・・しかしその後、父が亡くなり母は私を連れて家をでました。

 

 

女の子だった私ではありますが、家の跡取りは私しかいないはずなのに、母と親せきが話し合いをした結果、すんなり家を出ることができました。

私は親戚に挨拶をすることもなく、すぐに家を出ていくことになりました。

そこから遠くの地で、母と二人の生活が始まりました。相変わらず母はとっても優しかったです。

父が遺してくれたお金もあったので、母の収入でどうにか母子2人が生きていくことができました。

私が大学2年生になったとき、母が急に倒れて病院に運ばれました。

その時、母の病気は治らないと知ってショックでたまらなかったです・・・

しかし、私以上に母がとても深刻な顔をするようになりました。

 

 

「治ることだけ考えようよ」と励ましたのですが

母は「・・・いえ、いいえ違うのよ」と、困った顔をして首を振っていました。

そして、やたらと家に帰りたいというようになったのです。

なんだかとても母は必死だったように感じました。そして母は私にこう言ったのです。

「私ちゃんは自分のことだけしてたらいいのよ。お母さんの部屋は汚いから掃除なんかしないでね。お母さんすぐ退院して自分でするから」

どんどん弱っていく母は、私に会うたびに「私ちゃんは可愛い可愛いお母さんの子だよ」と言ってくれました。

そして母は、そのまま病院のベッドの上でなくなりました。

母の両親は他界しており、母の親戚という人や友人が葬儀などを手伝ってくれました。

 

 

次へ↓ ↓ ↓