【気持ち悪い男】女性が購入した新幹線の指定席に見知らぬ男が座っていた!そこは2時間後に恋人が座る席だったので注意をすると、その男は・・・

 

新幹線の指定席を購入したのに、その席に見知らぬ人が座っているってことがありませんか?

注意をしていなくなる人は多いのですが、中にはそこからトラブルに発展するケースもあります。

今回ご紹介するのは、ある女性が購入した指定席に見知らぬ男が座っていたところから始まるトラブルです。

 

見知らぬ男が指定席に座っていた

Twitterユーザーの「雨宮ミヅキ(@6rain410)」さんが新幹線に乗車しました。

すると、雨宮さんが購入したはずの指定席に、見知らぬ中年男性が座っていたのです。

「そこは私の席で、隣は2時間後に恋人が座る席なのですが…。席をお間違えでは?」

そう言って雨宮さんが物腰柔らかく間違いを指摘すると、中年男性からは、信じられない言葉が返ってきました。

雨宮ミヅキ@6rain410
 
 

新幹線に乗ったら、私が買った指定席にふくよかな中年男性が座っていたから「そこは私の席で隣は2時間後に恋人が座る席なんですが、お間違えでは?」と言ったら、「自分の席は両隣が男だったから君の隣がいい。人が来たら移動するよ」と言われた。
女の隣がいいと言う人と2時間も肩を並べるのは怖い。

  •  

    32,443

  •  

    21,970人がこの話題について話しています

Twitter広告の情報とプライバシー
 

 

 

自分の席は両隣が男だったから、雨宮さんの隣に座りたいという中年男性!!

あまりにも身勝手な理由で、勝手に指定席に移動してきたこの気味の悪い中年男性の考えが理解できません。

男性は「この席に座る人がくれば移動する」と言ったのですが、そもそも指定席は誰かが購入している席であって、空いていれば座っていい場所ではありません!

お金を支払って決まった区間、決まった席に座ることができるというルールがあります。

こんなバカげた男性の考え方には、多くの人から怒りのコメントが寄せられました。

雨宮さんはその後、乗務員の方に相談をしたそうです。

するとすぐに乗務員さんが声を掛けてくれて、中年男性は元の席に移動していったといいます。

そして・・・

 

 

次へ↓ ↓ ↓