【破局?】剛力彩芽、激やせした現在の姿がやばい…(画像あり)

 

gouriki_ayame_1_line_Tw2

 

剛力彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 – )は、日本のファッションモデル、女優、タレント。本名同じ。神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。
tumblr_lyrlf05ssS1qzrvn8o1_1280
スリーサイズは、B77・W58・H84。名前の“彩芽”は、名字が力強いことから、柔らかい印象にしようと「彩」という字が好きだった母親が命名した。剛力という名字については全国に12世帯しかなく「1回で覚えてもらえるのでラッキーネーム」と語っている。また、剛力という名字は出来れば結婚しても変えたくないほど気に入っているとも話している。愛称はめごっち。

特技はダンスと料理。高校時代はダンス部に所属していた。アロマテラピーアドバイザーの資格を持っており、現在はアロマセラピスト資格の修得を目指している。姉が1人いる。

幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳の時に、ある遊園地でプロの写真家に雑誌のスナップ写真を撮ってもらい、これがきっかけでモデルになりたいと思い始めたという。
 
2002年の第8回全日本国民的美少女コンテストのオーディションにも参加していたが、2次選考で落選したという。その会場においてスタッフにスカウトされた。
 
2008年2月から、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活動。
 
2011年1月、フジテレビの月9ドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演。この作品への出演をきっかけに、ロングヘアーをショートカットにして、イメージチェンジをする。なお、一部プロフィールではこの作品を女優デビュー作として紹介しているが、正式なデビュー作は2007年の『チョコミミ』である。
 
f5f0c51a
同年7月にはテレビ東京の『IS~男でも女でもない性~』でテレビドラマ初主演。

その後『ミスタードーナツ』『積水ハウス』『ランチパック(山崎製パン)』『au』など立て続けにCMに出演し、注目を集める。

2011年11月、『日経トレンディ』が選ぶ「今年の顔」に選ばれる
2013年1月14日スタートのドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』で、ゴールデンタイム枠のテレビドラマ単独初主演。

15973338
 

2013年5月1日発売の『seventeen』(6月号)で同誌専属モデルを卒業した。

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%9B%E5%8A%9B%E5%BD%A9%E8%8A%BD

goriki_ayame_01 goriki_ayame-maezawa_yusaku1

no title

 
 
 
 
 
次へ↓ ↓ ↓