工藤阿須加、水曜「ZIP!」に抜擢された最大の理由は「山口達也」!?

「水曜の朝が爽やかになる」そんな喜びの声が、朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の女性視聴者達の間で上がっている。人気上昇中の俳優・工藤阿須加が、同番組の水曜新メインパーソナリティとして抜擢されたからだ。

「工藤は、ドラマ『カンナさーん!』(TBS系)や『海月姫』(フジテレビ系)などに出演して人気を博した若手俳優。福岡ソフトバンクホークスの監督・工藤公康を父に持ち、妹もプロゴルファーとして活躍しているのは有名な話です。今年の2月にはCS・フジテレビTWOで放送されたドラマ『ザ・ブラックカンパニー』で初主演も果たしました」(女性誌デスク)

 工藤が出演するのは10月3日から。出演に先駆けて、同番組では工藤自身のコメントが紹介され「自分にとって新しいチャレンジとなりますし、一日の始まりを皆さんと一緒に過ごさせて頂けることがとても楽しみです」と意気込みを語った。また本格的にテニスに打ち込んだ経験もあることから、東京五輪に向けても期待が高まっている。

 この情報が流れると、ネットでは「すっごい爽やかになるね」「ZIPの水曜メンバー工藤阿須加くんだって!やったぁ嬉しいかっこいい」「阿須加くん、新MPおめでとう!1週間の折り返しでしんどい水曜が楽しみになった」など、喜びの声が多く上がった。

「工藤はドラマの撮影現場において、共演者の評判がとても良いことで有名。昨年出演した『カンナさーん!』の主役で工藤と共演した渡辺直美は、長丁場の撮影で集中が切れてしまった子供たちをうまくまとめる姿に感動。『誰に対してもすごく紳士なんです』と褒めたたえていました」(エンタメ誌ライター)

 実は“誰に対しても紳士的”になったのには、理由がある。その秘密は、父・公康氏。現監督を父に持つ工藤は、幼い頃から礼儀を徹底的に叩きこまれたという。2015年に出演したトーク番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、そのあたりのエピソードを明かしている。

「彼にとって父親のイメージは“星一徹”。特に礼儀を厳しくしつけられ、今でも飲食店で運ばれる焼き鳥一本でも『ありがとうございます』と口にしてしまうと明かしていました。山口達也の一件もあり、ダーティなイメージを払拭するためにも、工藤のような爽やかで紳士的なキャラを起用したのでしょうね」(放送作家)

 “星一徹”に育てられた工藤ならば、まかり間違ってもスキャンダルはなさそうだ。

 

工藤阿須加「海月姫」のチェリーボーイ役に「たまらん!」の声

 

 

次へ↓ ↓ ↓