【都市伝説…】「サッちゃん」の歌詞にまつわる噂とまっちゃんの怖~い話

ここに掲載した話を信じるか信じないかはあなた次第!
なお、掲載している写真はイメージです。話とは一切関係ありません。

「サッちゃん」4番目の歌詞

出典ganref.jp

「サッちゃん」4番目の歌詞

「さっちゃんはね、さちこってゆーんだほんとはね。・・・・」

皆さんご存じ「サッちゃん」の歌詞です。

※ネットなどでよく見受けられる「さっちゃん」は誤記です。

「サッちゃん」には歌詞から広がった様々な都市伝説があります。

・4番存在説
・足なし幽霊説
・病死説
・10番まである
・・・・など。

この都市伝説を知ると、「サッちゃん」という歌がとても怖い内容だということを知りますが、同時に、とてもかわいそうになります。

中でも広く語り継がれているのが「4番存在説」です。

3番までの歌詞

 

3番までの歌詞

これが、一般的に知られる3番までの歌詞です。

※著作権の問題上、画像で表示しています。

そして、4番の歌詞がこれです。

「サッちゃんはね 線路で足を なくしたよ 
 だから お前の 足を もらいに行くんだよ 
 今夜だよ サッちゃん 」

出典momococo.hama1.jp

これは、北海道の室蘭という所で本当に起こった事件をもとにした歌だそうです。

まったくの作り話だとしたら、なぜこんな内容の歌詞を思いつき、「サッちゃん」の歌に結びつけたのか? その方がとても疑問です。

その事件とは、とても寒く雪の降る夜におこりました。

出典「さっちゃん」4番目の歌詞

 

下校途中の桐谷佐知子ちゃん(14歳)は踏切で遮断機が降りてきていたので急いでわたりきろうと思い走りました。 
しかし、雪で線路のみぞがかくれていたため足がみぞにはまり、足をくじいてしまいました。 
彼女は必死で逃げようとしましたがよけきれず電車に引かれてしまいました。 
体は胴のあたりでちょうどきれいにまっぷたつになりふつうなら即死でした。 
しかしあまりの寒さで血管が一時的に固まったため、即死ではなく数分だけ苦しみながら生き続けることができました。 
彼女は腕を立ててはうように踏切の外にでました。 
意識が無くなっていくなかで最後まで苦しんで彼女は息をひきとりました。 
そして彼女は死ぬ寸前までばらばらになった自分の下半身を探していたそうです‥‥。

そして数年がたちました。

 

次へ↓ ↓ ↓