埼玉県越生町の私立高校でサッカー部のコーチが部員の生徒の顔などを複数回叩いたりする動画がインターネット上に投稿され、物議を醸しています。

 

部員に体罰の動画 高校がコーチを解雇

NHKニュースウェブが報じたニュースによりますと、埼玉県の私立高校「武蔵越生高校」のサッカー部で、練習中に体罰をしている動画が出回り、そのコーチが解雇されたとのことです。

埼玉県越生町にある私立「武蔵越生高校」によりますと、12日、「インターネットにサッカー部の部員を殴るような動画が掲載されている」と学校に連絡がありました。

動画には、高校のグラウンドで30代の男性コーチが、およそ20人の部員が見守る中、複数回にわたって1人の部員の顔をたたいたり、胸元を小突いたりする様子が映っていました。

このコーチは半年ほど前からサッカー部の指導を専門に行っていて、高校は、動画を確認したうえで、13日、コーチから事情を聴いたところ、今月9日の夕方、部活動の最中に体罰をしたことを認めたということです。
コーチは「生徒の態度がよくなかったので行き過ぎた指導をしてしまった。大変申し訳ない」と説明したということです。

高校は、体罰があったとして、13日付けでコーチを解雇し、今後、生徒や保護者に謝罪することにしています。

高校によりますと、体罰を受けた3年生の男子生徒は、けがはなく、その後も部活動に参加しているということです。

武蔵越生高校のサッカー部は、インターハイの出場経験があり、およそ120人の部員が在籍しているということです。
大塚英男校長は「大変遺憾なことで、今後、このようなことがないよう指導したい」と話しています。

出典:NHKニュースウェブ

 

問題のツイートがこちら↓