福島空港の滑走路でトラブルが発生し一時的に封鎖されました。

けが人こそなかったものの事故の内容を振り返ると冷や汗が、、、

 

福島空港でトラブルが?滑走路閉鎖の事態に、、、

6月27日の午後2時ごろ、福島県の福島空港に着陸した小型の飛行機が機械トラブルで動けなくなるという事故がありました。

なんと、着陸時に小型飛行機の前輪が出ず、機体の前方が滑走路に擦り付けられながらの着陸になりました。

けが人こそ出なかったものの、プロペラは曲がってしまう結果に、、、

コレだけの衝撃と摩擦があったことを考えると、機体から火が出てもおかしくないですよね、、、

それ以外に大きな破損はなく、乗っていた男性二人もケガはなかったそうです。

個人の所有機だったということで、整備不良ということも考えられますが、このような事故があると、飛行機に対しての不安も抱いてしまいますよね、、、

もし一般の人たちが乗る航空機、もし事故が起きた時はどうなってしまうのでしょうか?

そこでもし事故が起きてしまった時に、どこの席が生存率が高くなるのか調べてみました。

 

 

次へ↓↓↓