最近ヤクザ抗争が激しさを増しています。

指定暴力団の山口組と神戸山口組が分裂したことによって激しくなっており、警察に捕まって、死刑が確定した元ヤクザの組長が死刑執行前に残した最後の手紙の内容がかなり怖ろしい内容だったんです。

 

恐怖の手紙

私、矢野治は、ヤクザ渡世の親として、住吉会の本部長にまで昇格した幸平一家のある幹部(故人)に師事し、崇拝しておりました。

矢野さんは、その親分の元で働いていた龍 一成さんと出会います。

矢野さんは、龍さんと親しくなりお金を貸すようになりました、龍さんの借金は多い時には、1億円以上もの金額になりましたが、少しずつ龍さんは、矢野さんに返済をしていました。

しかし、98年頃から返済が滞る様になり、残り8600万の借金返済の為に龍さんは、矢野さんに提案を出してきました。

会社の資産を受け継いで、不動産業を営む男性、桑野大樹社長(仮名)を攫って脅し権利関係書類を奪い殺害し、矢野さんへの借金8600万円を2億にし返済するという恐ろしい内容の提案でした。
その計画を実行する為に矢野さんの若い衆2人程貸してほしいというのです。

 

次へ↓↓↓