【芸能】『天までとどけ』で起きていた陰湿イジメ、長女役・若林志穂が衝撃の告白

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1499115387

 

若林 志穂(わかばやし しほ、1971年9月6日 – )は、日本の元女優。本名同じ。東京都新宿区出身。デビュー当時は市川晃一事務所、その後太田プロダクションやサンミュージックブレーンに所属していた。
a8397c64fd94b5c46d88bc48edf7a988-300x300
芸名は若林しほと表記していた時期がある。堀越高等学校卒業。
 
1984年、中学1年生の時にレブロン・アクアマリンイメージガールのオーディションにて優勝し、芸能界入り。1985年2月には「テレフォン・キッス」でアイドル歌手としてもデビュー。その後、歌手と並行しつつ女優としてのキャリアも重ねる。
 
1988年4月にTBS系『新まんがなるほど物語』にお姉さん役として出演。
 
1991年、TBS系ドラマ『天までとどけ』の長女(待子)役で人気を博す。
 
2001年、舞台の稽古場に向かう途中に殺人事件を目撃してしまい、その精神的ショックから芸能活動を休止する。その後サンミュージックブレーンと契約して女優業に復帰するも、2008年8月に『天までとどけ』で共演していた金杉太朗(2番目の弟・公平役)が事故死したのをきっかけに再び体調を崩し、「休養が必要」として2009年5月にサンミュージックブレーンとの契約を解除された(『週刊新潮』2009年8月13日・20日合併号より)。
 
芸能活動引退後、2010年9月6日に化粧品ブランド「S」をプロデュースする。
 
wiki
 
 
 
 
次へ↓↓↓