単純な殺人事件ならばこのようなモヤモヤを感じないのだろうが・・・

事件性の認定というのは難しいのだろう。

 

平成20(2008)年1月5日、

岡山県新見市にある鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴(ひめさかたちあな)」に入っていた高知大学3年で学術探検部所属の名倉祐樹さん(当時21歳)が、洞窟内の地底湖を遊泳中に行方不明になった。

 

 

これが地底湖への入り口の洞窟。

 

 

 

そしてこれが地底湖。一見キレイだが・・・

 

深さは30m。溺れたら一巻の終わりだ。

 

名倉さんは中国・四国地方の大学探検サークルのコミュニティーで企画された合宿に、高知大学学術探検部員3名(計4名)と共に参加。合宿には他大学や社会人を合わせて計13名参加していた。

 

日咩坂鐘乳穴には5名(構成不明)のグループで入る(必要な市教育委員会への入洞届は出されていなかった。

 

腹ばいになる狭い箇所やザイルを使って降りる場所を通って、約3時間後に入り口から1.6㌔ほど奥にある地底湖(直径約25㍍・水深約30㍍)へ到着した。

 

到着後、名倉さんが一人で着衣のまま命綱などもつけずに調査の為に地底湖に入る。

だが一人で、安全対策もせずに調査名目で入ったことに疑問が示されている。合宿の恒例イベントとして地底湖で泳ぐというものがあったとの情報もあるが確認できていない。

声を掛けながら岸壁などを調査していたが、突如声が途絶え行方がわからなくなった。

叫び声などは聞こえなかったという。残りのメンバーは洞窟を出て救助を要請した。

県警機動隊や岡山大学ケイビングクラブ等がゴムボートを出すなどして捜索したが、名倉さんを発見できないまま、捜索は打ち切りとなった。

 

・・・・・・・・

・・・・・・・・

だが、事件が謎を呼んだのは、このあとのことだった。

なんと↓↓