豊田真由子(とよた まゆこ、1974年10月10日 – )は、日本の厚生官僚、政治家。衆議院議員(2期)、内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官。学位は修士(ハーバード大学・2002年)。自由民主党女性局次長・青年局次長・国会対策委員会委員。
kanseisiki03
金融庁総務企画局課長補佐、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部一等書記官、厚生労働省老健局課長補佐、衆議院議員(1期)などを歴任。

夫と1男1女の4人家族である。座右の銘は「艱難汝を玉にす」、趣味は絵画鑑賞、ジョギング、料理。

子育てをしながら議員活動を行っており、朝は子供を保育所へ送り届けて、議員活動を行い、夜は帰宅後、子供を寝かしつけた後に翌日の会議資料を読み原稿を書くなどの多忙ぶりが紹介されている

2017年6月、週刊新潮は、移動中の自動車内にて秘書に対し豊田が暴行を加えた事を報じている。豊田の事務所は報道内容を認め、豊田は自民党に離党届を提出している。

wiki
 
 
 
次へ↓↓↓