ロキソプロフェン(loxoprofen)は、プロピオン酸系の消炎・鎮痛剤。先発品として、ナトリウム塩(ロキソプロフェンナトリウム)がロキソニン(Loxonin)の商品名で、第一三共が提供している(登録商標第1861751号ほか)ほか、後発医薬品として各社から発売されている。
9bad8e8f27e772277ecfbacb87bef2bc
プロドラッグであり、肝臓、皮膚、筋肉でのカルボニル還元酵素の代謝により、体内で速やかに活性の高いtrans-OH型に変換される。発熱や炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンの生合成を抑制することで炎症を鎮め、腫れの抑え、鎮痛、解熱作用などを示す。薬理的にはプロスタグランジンの合成酵素であるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによる。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は特徴として、鎮痛作用が強く消化器への副作用も強いが、ロキソプロフェンはプロドラッグであるため、体内で吸収されるまで作用を示さず、これによりNSAIDsの副作用である胃腸障害を軽減している

 

現在、日本で最も使用されている抗炎症薬の一つである。

 

変形性関節症、慢性関節リウマチ、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、筋肉痛、腰痛、急性上気道炎、歯痛、手術後の鎮痛

 

種類としては、内服薬(錠剤・散剤・液剤)と貼付剤がある。

 

従来は処方箋医薬品のみであったが、一般用医薬品へのスイッチOTCが認められ、2011年には解熱鎮痛薬「ロキソニンS」が発売され、薬局での購入が可能となった

 

wiki
 
 
 
 
次へ↓↓↓