米スポーツ用品大手のアンダーアーマー社とアドバイザリー契約を結んだ女優・長澤まさみ(30)が、ウェブ動画「長澤まさみ×UNDER ARMOUR」でスイムウェア姿になり、健康的な美ボディーを披露している。 

nagasa

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000279-sph-ent 

5 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:20:10.99 ID:s4zwVVIm0.net

違うそうじゃない

8 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:20:41.09 ID:MnyHX/5Wp.net

顔がないやんけ

10 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:22:59.82 ID:2K/USYKy0.net

脱獄直後かな?

11 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:21:43.80 ID:GgBlUUSmp.net

この世代の女優好き

今の世代嫌い
12 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:22:42.38 ID:8z2nnF2M0.net

動画あったで

エッチな身体なのにガイジみたいな内容でかわいそう

16 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:23:08.02 ID:Cg6pS5ZB0.net

ガイジ演技きっつ
21 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/07/18(火) 15:24:41.07 ID:2usDQVsD0.net

可哀想

第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から2000年1月9日に当時、史上最年少の12歳(小学6年生)でグランプリに選ばれ、芸能界入りした[注 2]。同年公開の『クロスファイア』で映画デビュー(クランクイン:2000年2月9日、上映2000年6月10日)。その後、ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなった。2000年12月11日に初ドラマ『秘密〜弁護士迫まり子の遺言作成ファイル〜』(TBS)が放送された。

2001年、連続ドラマ『Pure Soul〜君が僕を忘れても〜』(読売テレビ)に初レギュラー出演。それに合わせ、中学2年の春に上京。中野区立第九中学校(現・中野区立中野中学校)へ進学[1]。当初は大塚千弘と2人暮らしであった。

2002年にはNHK連続テレビ小説さくら』に出演。

2003年には『ロボコン』に初主演し、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞した[注 3]。同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』および翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろ小美人役で共演した[注 4]

2004年、『世界の中心で、愛をさけぶ』にヒロインとして出演。白血病治療の副作用による脱毛症を抱えた亜紀の役を演じ、自ら申し出てスキンヘッドになった。この作品は興行収入85億円の大ヒット作となり、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など多数の映画賞を受賞した。『世界の中心で、愛をさけぶ』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』、『ラフ ROUGH』に主演。

『世界の中心で、愛をさけぶ』の撮影が主に香川県で行われたため、2004年11月に「香川かがやき大使」に就任(任期は2006年春まで)[2]2005年8月から11月までJR山手線で車体広告電車が運行された[3]

2005年は、テレビドラマ『優しい時間』(フジテレビ)、『ドラゴン桜』(TBS)に出演、第56回NHK紅白歌合戦では審査員を務めた。同年から『東宝カレンダー』の表紙を毎年飾っている。

2006年に『功名が辻』でNHK大河ドラマ初出演。同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマ(TBS)に主演。同名の主題歌を「星泉」名義(ドラマでの役名)で発表した。

2007年4月クールの月9ドラマ『プロポーズ大作戦』に月9初出演及び初主演(山下智久とダブル主演)。平均視聴率は当クールで唯一15%を超え、最高視聴率も20%超えを果たした(最終回)。

2008年4月クール『ラスト・フレンズ』(フジテレビ)に主演。上野樹里と共演し、最高視聴率22.8%を記録した。

出演作の『深呼吸の必要』、『涙そうそう』、『群青 愛が沈んだ海の色』は、いずれも沖縄を舞台とした作品であり、その縁から2009年6月15日沖縄県から「美ら島沖縄大使」に任命されている。

2011年8月、PARCO劇場において、本谷有希子の作・演出による舞台「クレイジーハニー」で初舞台を踏んだ。

2011年9月23日公開の『モテキ』では、かつてないセクシーシーンに挑戦し、新境地を開いた。完成披露パーティーで、このことについて「脚だけとか胸だけが映るカットがあって、すごく恥ずかしかった」と語っている[4]

2013年台湾ドラマ『ショコラ』で海外ドラマに初挑戦。中国語のセリフを披露する。

2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される

 

まだまだ写真はつぎへ↓↓