八王子スーパー殺人事件(はちおうじスーパーさつじんじけん)とは、1995年7月30日に東京都八王子市で閉店後にスーパーマーケットの女性スタッフ3人が殺害された事件。そのうち2人はアルバイトの女子高生であった。
prm1508200010-p2
警視庁による正式な呼称は「大和田町スーパー事務所内けん銃使用強盗殺人事件」。また、店舗の名前から「ナンペイ事件」[2][3]「八王子スーパーナンペイ事件」とも呼ばれる。

 

懸命な捜査が続けられているものの犯人は逮捕されておらず、未解決事件となっている。また、捜査特別報奨金制度(公的懸賞金制度)の対象事件にも指定されている。

 

強盗説と怨恨説の両面があるが、特別捜査本部では強盗説を重視して捜査している。事件から15年となる2010年7月に公訴時効が迫っていたが、殺人罪・強盗殺人罪など最高法定刑が死刑の罪について、公訴時効を廃止した上で遡及適用する改正刑法及び刑事訴訟法が同年4月27日に施行され、長期捜査が続けられている。捜査特別報奨金対象事件の中では、捜査機関が犯人を特定していない事件としては、最も発生時期が古い事件である。

 

2015年2月には、現場に残されていたガムテープの粘着面から採取された犯人のものと思われる指紋と、10年程前に死亡した日本人の男の指紋がほぼ一致したとメディアに報じられているが、一方で前述の粘着面から採取された指紋が不完全なこともあって双方の指紋は完全一致とはなっていないことに加え、この男が本当に犯人であるかについて否定される情報なども出ていることから、同月下旬の時点で警視庁はこの男が犯人とは断定しておらず、捜査は継続されている
242012947-origin-1424234933
wiki
 
 
 
次へ↓↓↓