右から来たものを左へ受け流す歌で一時期大ブレイクしたお笑い芸人ムーディー勝山の現在が悲惨だと話題になっています。

一発屋の代表を担う彼はどんな人生を送っているの?

 

ムーディー勝山プロフィール

本名 勝山慎司
生年月日 1980年6月11日
出身地 滋賀県草津市
身長 172cm
方言 関西弁、共通語

かつてはアイスクリーム(旧コンビ名:勝山梶)というコンビ名で活動していたムーディー勝山ですが、2006年に自身の持ちネタともなるムード歌謡の芸「右から来たものを左へ受け流すの歌」を披露して以来、大ブレイクしましたね!

 

2007年、まさに空前のムーブとなった彼は最高月収640万円も言っていたのだとか、、、

2007年(8月9日時点)には着うたダウンロード数210万件以上、携帯電話向けコンテンツだけで2億円以上の売上を記録するほどの大人気ぶり。

まさに知らない人は居ないほどの知名度に成り上がりました。

同年にはNHK紅白歌合戦にも参加するまさに有頂天を経験した彼ですが、2008年頃から出演番組も段々と減少し、収入も激減、、、

現在はブレイク時の貯金を切り崩しながらの生活を送っているそうですが、一体どのような人生を送っているのでしょうか?

 

次へ↓↓↓