宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年(昭和45年)3月31日 – )は、日本の司会者マルチタレント、俳優、芸人お笑いコンビ・雨上がり決死隊のボケ担当であり、相方は蛍原徹。本名同じ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
宮迫
高校卒業後、安定した職に就きたく、公務員になることを目指す。警察官を志望して大阪府警察の採用試験を受けるも、不合格となり、NSCに入る。

1989年、蛍原徹とお笑いコンビ「雨上がり決死隊」を結成。

1998年、現在の妻と結婚。2001年に第1子となる長男誕生。

以前は喫煙者であったが、2007年の38才の時に禁煙に成功し、タバコをやめた。

2012年12月6日、早期胃癌のため休養することを所属事務所を通して発表した。がんは「胃角」と呼ばれる部位で大きさは2センチ程度。ステージは1A期。腹腔鏡下幽門側切除の手術を受け、胃の3分の2を摘出し、同月22日に退院した。

2014年4月5日、TBS系列放送「サワコの朝」の中で、検診後に医師からスキルス胃がんと言われていたことを告白した。

お笑い芸人ではあるが、元々松田優作に憧れて俳優の仕事に興味があり、俳優になるための手段として、演技の勉強のためにお笑いをやっていた。実際、俳優活動は旺盛で、お笑いタレントの出演として期待されるものとはかけ離れたシリアスな役、悪役なども多くこなしている

wiki

Twitter
西成暴動(にしなりぼうどう)とは、大阪府大阪市西成区のあいりん地区(通称釜ヶ崎)で日雇い労働者が起こした暴動の総称。釜ヶ崎暴動ともいう。
img_2
暴動の現場となっているあいりん地区は、東京の山谷とともにドヤ街(寄せ場)として有名な地域である。
 
日雇い労働者の労働条件は決して良くはなく、手配師及びそれらを束ねる暴力団などにピンハネされるなど、鬱積した感情が高まっており、暴動発生の温床となっていた。最初の暴動は1961年に発生している。その頃の暴動は、ある意味「自然発生的」な暴動事件であった。
 
そして1970年代に入ると、 日本の新左翼が窮民革命論を掲げてドヤ街に乗り込み、日雇い労働者を煽動するようになった。第9次暴動から第21次暴動までの13件の暴動は70年代前半に集中している。その頃になると扇動者による計画的な暴動になってきている。
 
1973年6月の第21次暴動を最後に17年間の空白があったが、1990年に第22次暴動が発生した。平成時代に入って日本で起きた最初の暴動事件であった。
 
1992年の第23次暴動から16年経った2008年、第24次暴動が発生した。
 
wiki

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%88%90%E6%9A%B4%E5%8B%95

 
 
 
 
 
次へ↓↓↓