みやぞんのプロフィール

みやぞん( 1985年4月25日(32歳) – )

本名:宮園大耕(みやぞの だいこう)[2]
東京都足立区出身、ボケ担当。
身長172㎝、血液型はA型。
趣味は野球(遠投90mを記録)、格闘技ボクシングをやっており、パンチ力223㎏を記録。腋の下もが潰せるほど強いとのこと[3][4])、ギター(どんな音楽でも一度聴けばすぐにその音楽をギターで弾くことが出来る、二人羽織でギターが弾ける)、どんなでも一度見れば地面から背中までの高さをすぐに答えることができる。
 

野球はエースで4番で、130kmを超える投球とキレのある変化球で野球専門誌でも注目され、大学からのスカウトもあったが、上下関係が嫌ということで全て断ったという[2]
ギターは専ら独学で、勘だけで弾いているとのこと。ギターの教本でコードなどを覚えようとしたら、逆に弾けなくなったこともあったという[4]
子供の頃は野球を、中学生の頃はテニスをやっていた、テニスでは、初心者ながら経験豊富な相手を打ち負かしたこともあり[5]、足立区大会で2位になったことがあった[2]。なお、小学校卒業時の自分の夢は、バレーボール選手だった[2]。ギターやピアノも、当時からコードや音楽理論など知らないまま、耳コピーだけでその音楽の再現が出来たという[5]
中学卒業時の文集には既に、「漫才コンビかバンドで有名になりたい。だめなら獣医になる」とあり、またジャッキー・チェンが好きで、スタントマンアクション俳優にもなりたいとも書いていた[2]
母親はかつて大衆演劇の踊り子だった。その母親には、みやぞんが最初よしもと入り志望でNSC(吉本総合芸能学院)に入ろうとして、母にネタを見せに行ったところ「笑いって学ぶもんじゃなくて、その辺に落ちてるやんけ。それを見つけられへんのに養成所で笑いを訓練したって成長せえへん」と言われ[6]、以後どこにもお笑いの養成所には通うことの無いままプロの芸人としてデビューした。
天然キャラと言われ、質問されたことが解らずに見当外れな答えをしたり、なぜか突然笑い出したこともあったとのこと[4]社交辞令的な言葉も解らずに真に受けることもあり、子供の頃には知人の母親に「いつでも泊まっていいよ」と言われたからその家に1か月以上泊まり続けて最後にはひどく怒られたということもあった[4]。これについて「果てしないバカ」「おもしろ脳」と伊集院光が評価している他、南海キャンディーズ山里亮太も絶賛している[5]
同じ事務所の先輩のウド鈴木を“恩人”であると思っている[5]

 

↓↓ 詳細は次のページで ↓↓