大人気エアーバンド・ゴールデンボンバーのドラムを担当している樽美酒研二さん。

白塗りのド派手メイクがお馴染みになっていますが、実はすっぴんがイケメンすぎると話題になっています…。

 

樽美酒研二・プロフィール


出典;ゆうちのつれづれ日記
芸名:樽美酒研二(だるびっしゅけんじ)
本名:安元研二(やすもとけんじ)
生年月日:1980年11月28日(36歳)
出身地:福岡県うきは市吉井町
血液型:A型
身長:181cm

ゴールデンボンバー加入前は、「Missing Tear」というバンドのサポート業務をやっており、自身も青春パンク系のバンドをやっていました。


出典;駿河屋

これだと顔が分かりづらいですが、昔からアーティスト活動をしていたみたいですね。

バンド経験があることで、実はギターやベース、ドラムは普通に演奏できるそうで、ゴールデンボンバーの時は演奏できないふりをしているそうですww

ゴールデンボンバーに入った理由は、「Missing Tear」のリーダーから勧められたからだそう。

メンバーである鬼龍院翔さんによると、面接で「裸になれますか?」という問いに対して…

自信があります!

と答えたそうで、採用した理由は、とにかくバカだったからみたいです。

そんな樽美酒さんですが、最近チャームポイントである白塗りをせずに、すっぴんの素顔がネットで公開されてしまいました。

樽美酒さんは一体、どのような素顔をしているのでしょうか?

 

 

次へ↓↓↓