スタジオジブリの人気作品『となりのトトロ』。サツキとメイを家まで運んだネコバスがその後向かう先は!?

ネコバスの行き先は

スタジオジブリの代表作『となりのトトロ』。1988年4月に公開された作品ですが、未だに根強い人気のある作品です。

『火垂るの墓』との同時上映で、当時の興行収入は11.7億円。決して大ヒットではなかったものの、テレビで放映されてから人気に火が付きました。

2016年も11月4日の金曜ロードショーで放映され、なんと15回目の放送ながら平均視聴率は14.2%を記録しました。過去放送平均視聴率は20.3%となっています。

老若男女問わず人気の『となりのトトロ』ですが、その不思議な世界観から、都市伝説もささやかれるようになりました。


・サツキとメイは死んでいた
・後半、サツキとメイの影が薄くなる
・「メイ」と書かれたお地蔵さんが一瞬映っている
・トトロは、死期が近い人間、もしくは死んだ人間にしか見ることができない
・猫バスはあの世に繋がっている乗り物
・サツキとメイは母親に会ってない
・エンドロールは過去の回想シーン
・物語は、全てお父さんの妄想だった

出典:秒刊サンデー

ジブリの公式ブログは「メイちゃんが死んでいるという事実はない」とこれら都市伝説を否定しています。


出典:livedoor.blogimg.jp

サツキとメイの母親が入院している七国山病院のモデルとなったと言われているのは八国山にある新山手病院と言われていて、かつては結核患者のサナトリウムとして使われていました。

気になりますね↓↓↓