菊間千乃元アナの伝説の転落事故の後…弁護士に転身した理由はフジテレビのありえない仕打ちにあったと暴露!

これはありえない・・・

 

菊間千乃元アナの伝説の転落事故

1998年9月2日、生放送で起きてはいけない事故が発生しました。
まずは動画の方を御覧ください。

 

当時、めざましテレビでアナウンサーを勤めていた菊間千乃さんが安全装置を使用しビルから飛び降りその製品のリポートをしようとしたものだったのですが製品の関係者の方に、「これでもう大丈夫です」と言われいざ飛び降りました。

しかし、装置は作動することなく、安全マットへと叩きつけられてしまいます。

その直後、体を強打した菊間元アナは起き上がることもできず、蓋を空けてみれば腰椎圧迫骨折で全治三ヶ月の重症を負い、リハビリも含めて完全回復まで1年かかったそうです。

当時の事故について菊間元アナが語る。

 

 

 

次へ↓↓↓