2014年4月に韓国で修学旅行中の高校生ら304人が死亡・行方不明となった大型旅客船「セウォル号」沈没事故。

事故から約3年を経て船体の引き揚げ作業が始まり、23日午前4時47分ごろ、1073日ぶりに船体が水面上に姿を現した。

ハンギョレによると、セウォル号は今後、約87km離れた木浦(モクポ)まで移送される。準備や移動時間も含めて、木浦に到着するのは約2週間後の予定という。

  • 뉴스1/해양수산부
  • 뉴스1/해양수산부