ロック歌手出身の熱い俳優、吉川晃司

吉川晃司

吉川晃司は、府中町立府中小学校を卒業後、修道中学校に入学し、水球を始めます。修道高校に在学中に世界ジュニア水球選手権大会の日本代表、2年連続で全日本高校最優秀選手にも選ばれました。

最年少日本代表として、イタリア・エジプト遠征にも参加しています。

2:音楽活動でスカウトされる為に、渡辺プロダクションに自らスカウトを要請!

高校生になると、水球をしながら、同じ水泳部だった酒井麿に誘われて、バンド活動にも力を注ぐようになります。しばらくは水球とバンドを並行して続けていましたが、佐野元春のコンサートを見に行き、カルチャーショックを受けて、音楽活動一本に絞ることを決意しました。

スカウトされたいと考えた吉川晃司は、当時沢田研二、アン・ルイスなどが所属していた渡辺プロダクションに「すごい奴がいる、広島まで見に来ないと一生後悔する」という内容の手紙を送りつけます。すると実際にプロダクションの関係者が会いに来てくれ、数回のオーディションを経て、ナベプロ入りを果たしました。

3:デビュー年にして、歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を獲得!

吉川晃司

吉川晃司は、親や教師の反対を押し切り、高校を2年で中退し、上京します。1984年、そして19才の時に、主演映画『すかんぴんウォーク』とその主題歌『モニカ』でデビュー。

1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、また主演映画『すかんぴんウォーク』で日本アカデミー賞新人賞、ブルーリボン賞、ゴールデンアロー賞など、合計で8つの新人賞を獲得しました。

 

 

次へ↓↓↓