野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)、日本代表「侍ジャパン」は3月22日午前10時(現地時間21日午後6時)からアメリカとの準決勝がロサンゼルスで行われた。

この試合では「ビデオ判定」が5度にわたって行われ、その度に試合が中断するなど、日本の試合では普段見られない光景も話題になった。ビデオによる検証では、2度判定が覆った。

ホームラン以外でのビデオ判定は、メジャーリーグのルールにならったもので、WBCでは今大会の準決勝から初めて導入された。21日に行われたプエルトリコーオランダ戦でも4度にわたって実施された。

■ビデオ判定に賛否

日本のファンの間では、ビデオ判定の連発に賛否の声が挙がった。