1.藤 圭子

zisatuyami1

 

藤 圭子

(ふじ けいこ、1951年7月5日 – 2013年8月22日)は、

日本の演歌歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。

旧姓、阿部(あべ)。

 

岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。

1960年代末から1970年代初頭にかけて、

夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱 な楽曲(『怨歌』)を、

独特のドスの効いたハスキーボイスで伸びやかかつ深々と歌い上げ、

その可憐な風貌とのギャップも相俟って一世を風靡した。

代表曲は 「圭子の夢は夜ひらく」。

 

別居中だった夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、

娘は音楽家の宇多田ヒカル。元夫は演歌歌手の前川清。

出典:ウィキペディア

 

藤 さんは「精神的にまいっていた」(関係者)という。

実際、テレビ朝日が06年にインタビューした映像の中で、

藤さんは「あれ(藤圭子)はもういないんだか ら。

人からもらった曲を生活のためにただ歌っていただけ」

と語ったり、

「私はラッキーだと思っている。神様に助けられて。

目は治らないけどね」と目の障害 を告白したり。

突然歌い出したりもするなど感情の波が一定しない様子がうかがえる。

次へ↓↓