田中理恵さんは、2012年のロンドンオリンピック日本代表に選ばれた元体操選手です。2013年12月の現役引退後は後進の指導にあたる一方、美人元体操選手ということでメディア露出も多いです。

 

ここでは、田中理恵さんの結婚報道や歴代彼氏についてまとめています。

田中理恵さんのプロフィール

 

名前:田中理恵(たなかりえ)

出身地:和歌山県岩出市

生年月日:1987年6月11日

身長:157cm

出身高校:和歌山県立和歌山北高等学校

出身大学:日本体育大学卒業

最終学歴:日本体育大学大学院修了

マネジメント会社:株式会社コモンズ2

 

田中理恵さんは元体操選手で、現在スポーツキャスターや日体大の助教として活動しながら、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事も務めています。

 

2013年12月に現役引退を発表してからは、元体操選手+その美しい容姿からメディア起用も多いです。

 

体操選手として

体操選手としての略歴

田中理恵さんは2010年(当時23歳)に日本代表に初選出された遅咲きの体操選手でした。しかしその後は現役引退まで日本女子体操界を牽引する存在として活躍。

 

2010年10月の世界選手権では、日本女子選手初となるロンジン・エレガンス賞(観客を最も魅了した選手に贈られる)を受賞。

 

2012年には全日本選手権で初優勝、圧倒的強さを持った鶴見虹子選手の7連覇を阻止。同年のロンドンオリンピックでは団体戦8位入賞に貢献し、個人総合では16位に入りました。

 

 

 

体操選手としては高身長(157cm)で、長い手足を生かした演技が特徴。

普段の田中理恵さんも綺麗ですが、体操している時の美しさはひとしおですね。

 

2013年12月に現役引退後はメディア露出も多いですが、日体大の助教を務めるなど後進の指導にあたっています。

 

 

体操一家に生まれた田中理恵さん。

兄・田中和仁(右)、弟・田中佑典(左)も体操選手で、2012年のロンドンオリンピックでは3兄弟全員が代表に選ばれました。3兄弟での五輪出場は、日本体操史上初めてのことだったとか。

 

(そもそも田中家自体、父親が体操クラブ経営で母親が元体操選手と、体操一家だったそうです)

次へ↓↓↓