SMAP解散が決まりつつあった7月下旬。“6人目のSMAP”森且行(42)が、埼玉県内のマンションから出て来た。その横にいたのは、30代後半とおぼしき笑顔の女性。

歌手の杏里に似た、長身の美女だ。2人は自然に手をつないだが、人目の多い大通りに出ると、サッと離れて歩き始めた――。

別の日には、オートレース出場を終えて電車で戻ってきた森と同じ女性が駅で落ち合う場面も。

2人はスーパーに入って笑顔で夕飯の買い物を始めた。
トマトを手にとって、2人で品定めていた。

96年にSMAPを脱退、長年の憧れだったオートレース選手に転身した森は、2年後の98年に3歳年上の亜紀夫人と結婚。結婚18年目、高校生の長男にも恵まれている。

この女性は亜紀夫人だろうか。
だとすれば、なんて理想的な夫婦の姿。

だが、まさかの不倫相手だったことが判明する!!

 

 

 

次ページへ続きます