1993年12月25日土曜日12時47分、クリスマスの昼下がり、ニュースキャスター・司会者として国民的人気を博し多くの視聴者に愛されたフリーアナウンサー逸見政孝さんが亡くなった。48歳だった。

逸見さんの葬儀告別式が営まれた1993年12月27日、逸見さんが初代キャスターを務めたフジテレビ系の夕方ニュース番組「FNNスーパータイム」では、露木茂・安藤優子の両メインキャスターが葬儀の模様をリポートも交えて伝えるとともに、「スーパータイム」キャスター時代の逸見さんの活躍をVTRで振り返った。

VTR明け、生放送のスタジオで安藤キャスターが嗚咽をもらす姿は何とも言えなかった。そして、その横に立つ露木キャスターのそのときのコメントもまた忘れられない。

我々の仕事というのは、こうして、亡くなった後にも元気なころの映像が残ってしまう、ということが、逆に言えば残酷なのかもしれません。

 

 

亡くなった年の9月に記者会見で自らがんであることを公表し、休業・闘病生活に入ってから110日。

その間も10月ころまでは「たけし・逸見の平成教育委員会」など事前収録分の出演が続いていたし、その年のはじめに“十二指腸潰瘍の手術”で休業したものの、夏には長時間特別番組「FNSの日 平成教育テレビ」で23時間におよぶ生放送の総合司会を務めるほどだった。

 

そんな逸見さんと番組共演者という関係を超えて親友どうしの間柄だった、ビートたけし。

たけしは逸見家との交流も深い。

逸見さんとは「ひょうきん族」で共演したり、「オールナイトニッポン」で逸見さんのことを話しにしたりするなど、関係があったが、「平成教育委員会」で共演したのをきっかけに交友が深くなっていく。

お笑いBIG3シリーズにおける活躍はもちろん、数学を得意としたたけしと国語・社会は得意であったが数学を苦手としていた逸見、巨人ファンのたけしと阪神ファンの逸見といったように対照的であるがゆえに、お互いにないものを補い合えると認めあう仲だった。

次ページへ続きます