元・関東連合のメンバーであり元・山口組構成員という生粋のワルである伊藤リオンさん。

 

”市川海老蔵暴行事件”で一躍知られるようになりましたが、現在も暴れているという。

 

伊藤リオンさんの生い立ちから現在の活動までまとめたのでご紹介します。

元関東連合・伊藤リオンのプロフィール&生い立ち

 

”黒い狂犬”と”優しい子”の相反する顔を持つ伊藤リオン

 

伊藤リオンさんは凶悪殺人事件である”東洋ボール殺人事件”に加担したり、日頃から喧嘩に明け暮れるなど凶悪な半グレ(暴力団に所属せずに犯罪を繰り返す集団)ですが、地元では”優しい子”だと言われていたようです。伊藤リオンさんの名前が知れ渡った”市川海老蔵暴行事件”と合わせて詳しくまとめました。

 

元関東連合のメンバーであり、元山口組構成員でもある伊藤リオンさんはタレントではないので詳しいプロフィールは明らかではありませんが、わかっている情報では以下の通りです。

 

・中米のパナマ人の父親と日本人の母親を持つハーフ
・身長は175cm程で肩幅が広く体格が良く、身体能力が極めて高い(50mを5秒台)
・東京都杉並区在住で公立中学校出身だが出身地は分からない
・実家は2階建ての小奇麗な普通の家庭

 

伊藤リオンさんは”不良の中でも最も危険な男”と恐れられている他、”黒い狂犬”とも言われて喧嘩最強を誇っている半グレです。

 

かの有名な”市川海老蔵暴行事件”で、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんに全治2ヶ月の重傷を負わせた張本人でもある伊藤リオンさん。

 

その生い立ちや関東連合での行動、そして”市川海老蔵暴行事件”の真相と現在の伊藤リオンさんの活動について詳しくまとめたのでご紹介します。

 

次へ↓↓↓