山田邦子さんは、全盛期レギュラー番組14本を抱える超売れっ子の女芸人でした。しかし、1990年代後半以降から露出が減り、テレビから干された状態になっています。

 

この記事では、山田邦子さんが干された理由や2000年に結婚した旦那、そして現在の活動についてまとめています。

山田邦子さんのプロフィール

 

芸名:山田邦子(やまだくにこ)

本名:後藤 邦子(ごとう くにこ)
出身地:東京都板橋区
生年月日:1960年6月13日
身長:168cm

出身高校:川村高等学校

最終学歴:川村短期大学(現在の川村学園女子大学)

デビュー:1981年
所属事務所:太田プロダクション

 

山田邦子さんは、「天下を取った唯一の女芸人」と評されます。

 

高校1年生の時から素人参加番組の常連として活動していき、一時期落語家を目指したこともあったそうですが、向いていないと早々に見切りをつけ漫談家の道へ。大手芸能事務所の太田プロダクションに所属し、漫才ブームの流れにのり人気者になります。

デビュー以降、いくつもの冠番組を持つ司会者としても活躍しながら、女優・小説家デビューを果たすなどして幅広く活動しています。1980年代には一斉を風靡し、最高時にはレギュラー番組14本・月収だけでも1億円あったなどと、後々語っています。

しかし1990年代後半からは冠番組の打ち切りなどで徐々に露出が減り、以降、テレビではあまり見かけなくなりました。

乳がんで闘病、予後は順調

 

テレビ出演をきっかけに乳がんが判明。

 

山田邦子さんは、2007年4月に出演したテレビ番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル」における乳がん自己検診にて違和感を覚え、その後の診断で「左乳房に1つ・右乳房に2つ」合計3つの乳がんが判明しています。

ステージは公表していませんが、いずれのがんも「小指の先程」の大きさとのことなので、ステージは初期(0期~1期)と思われます。

聖路加国際病院で2回の手術を行い癌を摘出し、その後の闘病の結果、再発もなく予後は順調のようです。

山田邦子(55才)は、がんを発症しやすい家系に生まれたのだという。自分で触診をしていたときにシコリを感じ、乳がんの検査を受けたところ2007年に「左乳房に1つ・右乳房に2つ」合計3つのがん細胞が見つかった。2度の摘出手術の後、ホルモン治療を続けた結果、5年後に乳がんを克服。乳がんの早期発見、早期治療を呼びかけている

引用:アンジー、アグネス、邦子、希林… 乳がんと闘った女性たち

 

次へ↓↓↓