一時はノーベル賞級の発見とまで言われ、世界を騒がせたSTAP細胞

リケジョとしてマスメディアから注目された小保方晴子さんは

今やすっかり社会から干されてしまいましたね。

しかし・・・

STAP細胞の実験でヒトの血を使って実験していたと判明しました。

小保方さん逆転勝利?

ヒトの血を使って実験していた

小保方晴子氏によるSTAP細胞実験がどのように行われていたかを調べるため

理研の情報公開制度を利用して小保方氏の研究室にあった

冷凍庫の保全リストを請求したところ、同実験では

ヒトの血液でも細胞をつくり実験していたことがわかった。

 

同実験に使われていたのは、

若山照彦・山梨大学教授の血液。

試料(研究サンプル)の名称は「Teru」だ。

 

post_15816_2

 

若山氏は2013年3月に山梨大学へ移籍するまで、

01年から神戸理研でゲノム・リプログラミング研究チームの

チームリーダーとして若山研究室を主管。

 

11年3月に小保方氏を客員研究員として迎え入れ、

小保方氏の同実験を監督する立場にあった。

続き↓↓