加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 – )は、日本のお笑い芸人、俳優、司会者、ニュースキャスター。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。1989年から2006年まで山本圭一を相方にお笑いコンビ「極楽とんぼ」のメンバーとして活動。
cached

d92015c2

正義感が強く短気な性格で、「現場は戦場だ!」という意識を持っており、男女問わず仕事現場で泣かれる事を極端に嫌うなど、すぐ泣く人間に対してはかなり厳しい姿勢を見せる

ニュースキャスターとして、『スッキリ!!』では一般紙からスポーツ紙までほぼ全て目を通した状態で放送に臨んでいる。また、気になった記事や事件はパソコンで調べて、台本に書き込みをしている

1989年4月、佐藤B作率いる「劇団東京ヴォードヴィルショー」養成所「闘魂塾」へ第4期生として入団。そこで山本圭壱と出会い、「極楽とんぼ」を結成。2006年4月3日より、日本テレビ『スッキリ!!』のメインキャスターを務める。
images

wiki
レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。
nail
LASIKは、正式名称である「LASER(-assisted) in situ κερατόμῑλευσις」(英語・ラテン語・ギリシア語からなる)の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意がある。近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的だが、レーシックでは角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づける。これにより、裸眼視力を向上することができる。1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。
レーザー機器もしくは、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナで角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、一部を削る(蒸散させる)。その後、フラップを元の状態に戻し、フラップが自然に吸着する。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。視力は術後直後から1日程度で矯正される。視力が安定するには1週間から1ヶ月程度を要し、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になる。角膜に一定の厚さが必要なため、角膜が薄い場合や眼に疾患等を抱えている場合は、手術が受けられない。また、近視の進行する10代などの若年者は手術を受けられない。日本眼科学会のガイドラインでは18歳以上の者でなければ手術を受けられない。
 
 
 
次へ↓↓↓