三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 – )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手横浜FCに所属。2017年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である[2]。妻は、三浦りさ子

ニックネームカズ”、または“キング・カズである。

ブラジル時代のポジションは左ウイングであったが、日本帰国後はセンターフォワードとしてJリーグで活躍し、日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献した。ワールドカップ地区予選では総得点を27点記録するも、ワールドカップ本大会へは未出場。Jリーグ年間最優秀選手賞1回、得点王1回、ベストイレブンを2回受賞、1993年アジア年間最優秀選手賞を受賞。釜本邦茂と共に、国際Aマッチ1試合で6得点の日本代表1試合最多得点記録、通算得点記録(55得点)を持つ(2011年時点)[3]

2012年にはフットサル日本代表としてフットサルワールドカップに出場。

 

 

超感動の詳細とは?↓↓↓