和久井映見の生い立ち、幼少期が残念すぎる?!笑顔の裏に隠された過去とは

和久井映見の生い立ち、幼少期が残念すぎる?!笑顔の裏に隠された過去とは

和久井映見の生い立ち、幼少期が残念

和久井映見は、高校2年生の時に、東京ディズニーランドでスカウトされてデビューしました。当時から、学校一可愛いと噂される女の子だったという和久井映見。お人形さんのような可愛らしさで、デビュー直後から、出演作の視聴率は常に高く、女優として順調なスタートを切っていたかのように思えました。しかし、華麗な芸能界デビューにいたる前、生い立ちから幼少期までの和久井映見は、すさまじい人生を送ってきました。

和久井映見の両親は、幼い時に離婚しています。そのため、和久井映見の母親は、和久井映見と妹の子供2人を、女手一つで育てていくことになりました。養育費などは貰っていなかったため、母1人、子供2人だった和久井映見の家庭は、極貧生活を余儀なくされていたそうです。働かなければいけなかった母親は、祖母に子供を預けていたため、幼い姉妹は、両親と離れて暮らしていたといいます。

 

次へ↓ ↓ ↓