cf05cebe-s
 
1:2017/10/13(金) 17:31:03.80 ID:CAP_USER9.net

女優新垣結衣(29)がフジテレビ系列のトークドキュメンタリー番組「ボクらの時代」(15日朝7時)で、 国民的ヒロインの重圧について語った。同局が13日、広末涼子(37)、永野芽郁(18)と対談した番組内容を明かした。

3人は映画「ミックス。」で共演。芸能界に入ったきっかけや、
厳しい女優の世界で続けられる理由、自分のコンプレックスについてなどを語った。

2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もうできないから」と推されてモデルニコモ)オーディションに応募し、グランプリを獲得[8][9][10]2005年春ニコモを卒業するまでに『ニコラ』の表紙モデルとして当時最多となる15回登場している[8][10]

その後、『ニコラ』の卒業を控えた2004年ごろからグラビアや女優業に進出[10][11]

グラビアアイドルとしては、主に少年誌の雑誌グラビアで活動を開始。2006年3月3日に初の写真集『ちゅら☆ちゅら』を、5月17日にイメージビデオ『XIANGYU シャンユイ〜相偶』を発表した。

バラエティ番組では、2005年10月から『落下女』(日本テレビ)にレギュラーとして出演[12]

2006年から2008年にかけて江崎グリコポッキー」シリーズのCMに出演[11]、このCMがきっかけとなりブレイクを果たした[10][11]

女優としては、2005年に『Sh15uya』(シブヤフィフティーン)(テレビ朝日)でドラマデビュー。2006年1月、『トゥルーラブ』(フジテレビ)でドラマ初主演。4月期・7月期はそれぞれ、土9ドラマ『ギャルサー』と『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(ともに日本テレビ)へ2クール連続で出演。

アニメ声優にも挑戦し、映画『超劇場版ケロロ軍曹』ではミララ役でゲスト出演、テレビアニメデジモンセイバーズ』(フジテレビ)では、藤枝淑乃役でレギュラー出演した。

映画『ワルボロ』(2007年9月8日公開)で映画初出演[10][13][14]。『恋するマドリ』(2007年8月18日公開)で映画初主演[5][10]。その後も『恋空』や『ハナミズキ』で主演を務めた[5]

2007年8月6日、『恋するマドリ』の主題歌「メモリーズ」で、歌手デビュー[7]。同曲は「SCHOOL OF LOCK!」のサイトでの独占先行配信で、着うたのみ同日から4日間先行配信された。さらに10月1日には、『恋空』の挿入歌「heavenly days」が「GIRLS LOCKS!」にてほとんどフル(2サビの頭まで)で披露された。その後も、本人出演時を中心に「SCHOOL OF LOCK!」で新曲が披露されている。11月3日放送の『COUNT DOWN TV』で歌番組初出演、「heavenly days」を歌った。12月5日にはアルバム『そら』でCDデビュー。12月21日には、日本武道館でデビューイベント『デビューアルバム“そら”発売記念! SCHOOL OF LOCK!と新垣結衣のheavenly Xmas in 日本武道館[15]』を開催した。

続き↓↓