きゃりーぱみゅぱみゅ(1993年1月29日[1][2][3][4] – )は、日本ファッションモデル,歌手である。正式な名前は「きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ[1]東京都西東京市(旧田無市)出身[2][3]きゃりーは高校時代に友人から付けられたあだ名である。所属事務所はアソビシステム[6]であり、事務所内では原宿KAWAIIカルチャーの世界的売出戦略の軸として位置付けられている。2011年7月16日にYouTube上で公開した、メジャーデビューシングル収録曲であるPONPONPONPVが世界的な注目を集めた。以降、原宿KAWAIIカルチャーのエバンジェリストとして世界各国で活動している。原宿KAWAIIカルチャーの創始者である増田セバスチャンから受け継いだファンタジックな表現と、本人が実生活で創り出したユーモアを融合させて表現を行っている。極端にポップでファンシーな表現を行う都合上、一般層からは本来の堅実な人間性からは大きく乖離した奇抜なイメージを持たれている。

2009年に原宿で撮影したストリートスナップで『KERA』に初登場し、読者モデルとしての活動を開始した。また、2010年HIGHSCHOOLSINGER.JPに応募して歌手活動を開始し、きゃりー名義で「ミラクルオレンジ」を、きゃりーぱみゅぱみゅ名義で「ラブベリー」を発表した。2011年には、中田ヤスタカにスカウトされ、増田セバスチャンと中田ヤスタカの全面的な制作支援を受けながら、2011年7月20日にシングル「PONPONPON」でメジャーデビューを果たし、2011年8月17日にミニアルバム「もしもし原宿」を発表した。以後も歌手として「つけまつける」「ファッションモンスター」「にんじゃりばんばん」など幾多のヒット作を発表した。ライブプロモーションビデオファッション音楽の融合をテーマとしており、本人も様々な提案を行いながら、増田セバスチャンMAIKOを初めとした各分野のトップクリエイター達と共に作品制作を行っている。発表する楽曲に関しては、多数の音楽ジャンルの特徴が統合されており、一概に語ることが難しいが、ネオ渋谷系テクノポップEDMに分類される事が多い。また、YouTubeの公式アカウントを起点として世界的な人気を獲得し、原宿青文字系ファッションの魅力を分かりやすく凝縮した独自のファッションセンスをもって、世界中から原宿文化のエバンジェリストとしての支持を集めるに至った[7]

きゃりーぱみゅぱみゅが最新の水着姿をツイッターなどで公開して話題になっています。ファンは最高と絶賛の嵐ですが、2ちゃんねるには、きゃりーがひた隠しにするジュニアアイドル時代、竹村桐子名義で出した水着はもっと過激だったと、その時の画像は貼られています。スクール水着は結構、晒されていましたが、ビキニは結構、レアかもしれません。まあ、きゃりーがここまでずっと晒されるのは、隠ぺいして無かった事にしようとするからでしょうね。テレビ番組でも、圧力かけてタブーにしてるみたいだし。

 

きゃりーぱみゅぱみゅの画像。ツイッターなどで公開された最新の水着姿。





 

 

 

衝撃!きゃりーぱみゅぱみゅのジュニアアイドル時代の画像がこちら↓↓↓