日本を代表するダンサーとして、TRFのダンサーとして活躍を続けるSAM。

 

国民的歌姫である安室奈美恵と結婚し、離婚をしたSAMですが、最近再婚をしてすでに女児も生まれていたという。

 

SAMと安室奈美恵の離婚から再婚まで詳しくまとめたのでご紹介していきましょう!

SAM(サム)のプロフィール&生い立ち

 

出生名: 丸山 正温(まるやま まさはる)
生誕: 1962年1月13日
出身: 埼玉県
身長: 176cm
体重: 70kg
血液型: B型
レーベル: avex trax
事務所: エイベックス・エンタテインメント

 

引用:Wikipedia – SAM

 

 

”SAM”という芸名の由来は、本名の「MASAHARU」から取って付けられたものという説があります。

 

また、4人組アイドルユニット・Riff Raffとして活動していた頃に、本名を”丸山修(おさむ)”としていたことも確認されているようで、”おさむ”からSAMになったという説もあるようです。

 

しかし、実際は2007年2月7日に放送された番組『マチャミの名曲100選(日本テレビ系)』にTRFとして出演した際に、「家でして身を寄せていたディスコで、寒がりなため”寒い寒い”とよく言っていたら付けられた」とSAM本人が語っていたようです。

 

 

SAMの家系は脈々と続く医者

SAMの父親は「丸山記念総合病院」の創設者の一人・丸山正義

SAMの家系は江戸時代から続く岩槻藩御典医と呼ばれる医者の家系で、父親の丸山正義は「丸山記念総合病院」の創設者の一人であり、”サムパパ”の愛称で晩年はメディア出演もしていました。1998年6月17日に69歳で死去。

 

日本を代表するダンサーのひとりであるSAMの家系は、由緒正しき医者の家系のようで、父の亡き後は兄と叔父が病院を継いでいるようですね。

 

SAMは「家出した」と語っていることから、高学歴家系についていけずに落ちこぼれて夜の街に溶け込んだイメージがありますが、そこはさすが名門の家系。

 

SAMが通った獨協中学校は偏差値が62、そして獨協高等学校に進学して卒業しましたがこの高校も偏差値65となかなかの難関高校です。

 

SAMが家出をしたのは恐らくダンスに目覚めてその道を極めようとしても反対に遭っていたからかもしれませんね。

 

 

SAM、高校卒業後はニューヨークで武者修行

19歳で「全国フラッシュダンスコンテスト」を優勝したSAMは本場NYへ

国内を制したSAMはストリートダンスの本場であるニューヨークへ19歳の頃に単身乗り込んだようです。

 

ニューヨークでダンスを学んだSAMは、帰国後に22歳で4人組アイドルユニット・Riff Raffのメンバーとして歌手デビュー。

 

そしてSAMは8年後の1992年に小室哲哉プロデュースのユニット・TRFのメンバーとして参加し、ライブでの振り付けや舞台設計・照明・効果なども担当したようです。

 

TRFの活動と並行して、後に結婚することになる安室奈美恵や、V6、BoAなど他のアーティストの振り付けも担当するようになり、SAMの業界での評価は上がっていきました。

 

次へ↓ ↓ ↓