3月21日、俳優・山本裕典(29)が所属していた芸能事務所・エヴァーグリーン・エンタテイメントから契約を解除されたことが報じられた。同日、事務所はホームページで経緯を説明したが、関係者は「山本の解雇は、時間の問題だった」と証言する。

所属事務所によれば、山本とはこれまでにも話し合いを重ねてきたというが、「本日までの一連の諸事情を鑑み、山本裕典が弊社の考える基準に至らなかった」とのこと。突然の発表に世間からは驚きの声も出ているが、芸能プロダクション関係者は「この“一連の諸事情”には、第一に山本の女性スキャンダルが含まれているとみられます」と語る。

実際に山本は、2010年に『週刊文春』(文藝春秋)で元AKB48前田敦子(25)との熱愛がスクープされたほか、写真週刊誌『フライデー』(講談社)でも同年に一般女性、2014年にキャバ嬢、そして今年1月には「アイドルの卵」との手つなぎデートを報じられていた。しかし、山本が契約解除に至った理由はこれだけではないという。

「山本は、東京・港区麻布のバーを友人とともに経営したり、ほかにも近辺のキャバクラにも関与していたりと、複数の“副業”を行っていたと言われている。『いついつに来れば、(山本本人に)会えるよ』との触れ込みで集客し、女性ファンが落とした飲食代から一部がバックされる、という裏バイトに精を出していたとか。