元AV女優で、現在タレント活動を続ける麻美ゆまさん。彼女は2013年2月下旬、26歳のときに「境界悪性卵巣腫瘍」と診断され、卵巣と子宮を全摘出した。

麻美さんは手術後、病名を世間に公表した。麻美さんに寄せられた声は励ましの言葉がほとんどだったが、一部ではAV女優という職業と病気に因果関係があると誤解し、「自業自得だ」との心ない偏見の声もあった。

麻美さんはそういった偏見とも正面から向き合い、芸能界復帰後は婦人病やがんの啓発セミナーなどで積極的に講演している。自身の闘病生活やAV女優として抱いた葛藤、そしていま女性や男性たちに伝えていきたいことを聞いた。

 

「嘘であってほしい」 異変に気付いてから、病気が発覚するまで

卵巣は『沈黙の臓器』とも呼ばれており、異常があっても症状が出にくく、腫瘍の早期発見が難しいとされる。麻美さんが体の異変を感じたのは、手術を受ける2カ月ほど前のことだった。

——体に不調を感じたのは、いつ頃だったのですか?

2012年の年末に、お腹が張るなとか、ちょっと便がゆるいなとか、それくらいの異変を感じました。薬を飲んでも全然治らなくて、これは休みを取ってでもちゃんと病院に行かないといけないなと思って、年が明けた2013年1月に診察を受けました。

 

——病院に行くまでは、腸炎など、消化器系の病気だと思っていたんですね。

はい。病院に行くと婦人科に回されて、かなりの量の腹水がたまっていて、子宮内膜症の疑いがあると診断されました。先生から「周囲から痩せたと言われませんでしたか?」といったことも聞かれて、心当たりがありました。病院に行く1年ほど前から、会う人に「すごく痩せたね」と言われることが多かったんです。

——子宮内膜症という病気については、どの程度ご存知でしたか。

 

 

病名は知っていましたが、実際どういう症状が出て、どういう治療が必要なのか全くわからなかったので、ネットで子宮内膜症について調べました。自分の身に何が起こっているかわからないのって、本当に不安なので。ネットって情報が溢れすぎているので、信用できるサイトを探すのは大変でしたが、わかりやすい情報が載っているサイトもあったので、私は調べてよかったと思っています。

asami yuma

これはもう真実なんだなって、受け止めた

そして2月1日、麻美さんはCT検査の結果、悪性腫瘍の疑い、つまり卵巣がんの疑いがあると診断された。そこで、子宮と卵巣を全摘出する手術を受ける必要があることも告げられた。

 

——告知を受けた時は、どのような気持ちだったのでしょうか。

 

 

 

次のページへ続きます!!!

もう…「へっ?」という感じ。卵巣がんの症状が自分に当てはまったこともあったので、7割方ぐらいはもしかしたらみたいな気持ちはありました。でも、やっぱり信じられない気持ちで…告知を受けて、「卵巣と子宮を全部取る?子ども産めない?」と混乱してしまい、先生の言っていることが全く耳に入ってこない状態になりました。

——卵巣がんの疑いと告知を受けたあとも、何カ所かセカンドオピニオンを聞きに行ったと自伝に書かれていました。

はい。3軒くらい行きました。その時は、自分が病院に行っていること自体が信じられないという状態で、藁にもすがる思いで他の病院を回りました。でもやっぱりどこに行っても同じような返答がきてしまって、これはもう本当に真実なんだなって、受け止めました。

——ただ手術前までは、あくまで卵巣がんの疑いであって、「境界悪性卵巣腫瘍」という病名診断は受けていなかったんですね。

私も病気になって初めて知ったんですが、結局手術でお腹を開けてみるまでは、卵巣の病気ははっきり診断できない。だから、「10人の先生がCTスキャンの結果を見たら全員が悪性を疑うでしょう」という説明を受けました。そこで卵巣子宮の摘出手術の話や、人工肛門をつける可

 

 

次のページへ!!!