20160328_12541

 

【芸能】日本でも“枕営業”断らない人「山盛りいた」 仁支川峰子の告白にどよめく

 

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1508911876/
 
1: 2017/10/25(水) 15:11:16.80 ID:CAP_USER9
フジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)は25日、米芸能界で波紋を呼んでいるプロデューサーのハーベイ・ワインスタイン氏(65)によるセクハラ騒動を取り上げた。 

番組では日本の芸能界の“枕営業”についても話題が展開。ゲスト出演した女優の仁支川峰子(59)は「私も現実、ありましたから」と明かすと「プロデューサー室に呼ばれて駆け引きされましたけど『私は、すみません。恋をしないとお付き合いとか、そういう関係はできません』と(言った。すると)『仕事を全て無くしてやる』と言われて。はい、結構です。体を売ってまで、仕事をいただきたくありません、とはっきりお断りした」というエピソードを明かした。衝撃の告白に、スタジオでは女性出演者を中心に驚きの表情が広がった。 

ところが、MCの坂上忍(50)が「峰子さんはそういうときははっきり断る人。断らない方がいるのも事実」と言うと、仁支川は「山盛りいました。断らない方」。スタジオの男性陣からはどよめきと笑い声も起こっていた。さらに坂上は「昔、僕なんか主役の方がいて、2、3、4番手くらいが多かったんですよ。すると主役の方の相手はヒロインなので大女優さん。俺の相手役なんかは『誰? この人』って。たまにいるのよ、誰?誰?っていう人。そういう時、必ず俺はチェックしたもん。もしかして誰かの?って可能性があった」と、かつての話を振り返っていた。 

 
http://news.livedoor.com/article/detail/13798183/ 
2017年10月25日 14時30分 スポーツ報知
仁支川 峰子(にしかわ みねこ、旧芸名:西川 峰子、本名:福田 峰子、1958年5月23日 – )は、日本の演歌歌手、女優。ミネファンタジー所属。
 
que-13145876328
 
福岡県田川郡赤村出身。都立代々木高校中退。 歌唱力に秀で、1973年に『第3回全日本歌謡コンテスト』で優勝したのをきっかけに芸能界入りを果たした。
 
 
翌1974年7月25日、“やまびこ演歌”のキャッチフレーズでビクターから『あなたにあげる』で歌手デビュー。同デビュー曲はチャート1位になるなど、いきなり大ヒットとなり、一躍人気歌手となった。同曲で第2回FNS歌謡祭最優秀新人賞(1974年下期)、第5回日本歌謡大賞放送音楽新人賞、第16回日本レコード大賞新人賞など多数受賞。その後もコンスタントにヒット曲を放つ。
 
 
1982年10月6日から1983年3月30日まで『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)の水曜レギュラーであった。
 
1998年には、那須高原の新築1ヶ月の別荘が台風4号に伴う豪雨で流され話題となった
 
2001年7月、後鳥羽上皇の墓守りである隠岐島在住の町議会議員の男性と結婚したが、2008年3月には離婚調停が開始、2009年4月正式な離婚が発表された
 
2010年4月、大学病院での精密検査で甲状腺の乳頭癌と診断され、劇団・若獅子公演が終了後の5月14日に入院。5月17日に2度に渡る摘出手術を受け、5月24日に退院した
 
 
枕営業(まくらえいぎょう)とは、業務上で付き合いのある人間同士が性的な関係を築くことによって物事を有利に進めようとする営業方法のことである。
image
文化によっては正当な等価交換と見られ、必ずしも不道徳・不正でない。性的な関係に至らなくても、同じ業務をするなら好意を抱く人間を選ぼうとするのは心理現象(脳の影響)であり、好意の結果の業務便宜なのか業務の派生としての好意なのか区別がつきにくいため、また、本当の恋愛関係に発展する事もあるため、強要・淫行・売春等犯罪行為が伴わない限りは規制は不可能に近い。

枕営業は、業務上の利害関係にある人間同士が性的な関係を築き、物事(交渉や契約などの商行為)を有利に進めたり利益を得ようとする営業方法であるため、不道徳・不正行為と見られやすく、それに係わった人間や組織(会社)などを主に揶揄したり侮蔑する目的で使用される場合が多い。

wiki
 
 
 

182: 2017/10/25(水) 15:54:18.87 ID:uYkb4Sc00

>>1 
驚きの表情 

×「そんな事あるの…?」 
○「えっバラしちゃっていいの…?」

 
 
 
 
次へ↓↓