歌詞や曲ではなく、10年桜のPVが「死後のストーリーではないか?」と言われているのです。

 

10年桜のPVはバスがメインとなるストーリーで、4分経過した頃に「おもちゃ」のバスが走るシーンに変わります。

 

本物のバスはカーブをきちんと曲がれたのに対し、おもちゃのバスはカーブを曲がり切れず右方向へ進んでいくのです。

そのおもちゃのバスには赤い星が浮かんでいるところから、カーブを曲がり切れずにそのまま転落したのではないかと考えられています。

 

またPVでは高橋みなみが残したとされる手紙が出てくるのですが、これがまるで遺書のような内容になっていると話題です。

 

「最後まで気遣ってくれて」などのフレーズが、遺書のように見えませんか?

 

卒業がテーマの歌にしては残した手紙の内容が重いことから、「遺書」という考えが浮上したんですね。

 

 

 2:10年桜のPVに幽霊が映ってる                    

 

akb48 都市伝説

 

10年桜のPVに関する都市伝説の2番目として、「PVに幽霊が映っている」というものがあります。

 

PVが始まってから3分が経過したあたりで、メンバーが校舎の前で踊っているのですが、その校舎の1階部分にぼんやりとした白い影が映り込んでいるのだとか。

 

次へ↓↓