高齢者による事故が多発しているようです。

高齢者の事故の要因にはさまざまなものがありますが、その中でも注目すべきなのが「アクセルとブレーキを踏み間違えてしまった」というものです。

アクセルとブレーキは形状も位置も異なりますし、普通に運転をしている分には踏み間違いなど起こらないはずですし、そういった経験のないドライバーにとってはにわかには信じがたい話だと思います。

ここでは、なぜアクセルとブレーキの踏み間違い起こるのかについて、具体的に考えてみたいと思います。

 

実はアクセルとブレーキの踏み間違いは若者に多い?

2013年のあるデータによると、アクセルとブレーキの踏み間違いによる人身事故が年間で6448件も起きており、54人の方が亡くなっているそうです。

アクセルとブレーキの踏み間違いというと、どうしても認知症の問題と結びつけて高齢者に多いイメージがあります。

しかし、年齢別のデータを見てみますと、実際に事故を起こした人は20代が22%で一番高く、70代は17%、80代は10%となっています。

このデータを見る限りにおいては、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は高齢者に特有のものではなく、若い人であっても引き起こす可能性は十分にあるということ分かると思います。

つまり、アクセルとブレーキの踏み間違い事故は誰にでも起こる可能性があり、そのことは「そんなミスは絶対にしない」と運転に自信満々のあなたも決して例外ではありません。

駐車場などからの発進時に一番多く発生する

木にぶつかるクリーム色の車アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故は、駐車場などでの発進や停止のときに一番多く発生するようです。

 

 

コンビニの駐車場と店舗のあいだに、頑丈なガードが取り付けられているのを目にすることも多いと思いますが、そういった対策が必要なほど駐車場からの発進や停止のときの事故は多いということです。

過去には、立体駐車場を飛び出して車が高所から落下してしまうという悲惨な事故も何度も起きています。

 

 

いったいなぜ、駐車場から発進や停止をするときに、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまうのでしょうか?

 

 

▼次のページへ▼

【徹底解析】

 

 

 

 

 

アクセルとブレーキはすぐ隣の位置にあり、しかも同じ右足で操作をすることになります。

なんらかの原因で足の位置がずれてしまうことで、ブレーキを踏んだつもりがアクセルだったということは起こり得るわけです。

バックで駐車をしようとするときなどは、後方を確認するために不自然な姿勢をとることも多いと思います。

そういったときに、自分でも気がつかないうちに足の位置がずれてしまうということはつねに起こり得ることです。

AT車の場合はクリープ現象というものがあり、Dレンジに入ったままだとアクセルから足を離しても、車はゆっくりと動きます。

そのクリープ現象を利用して駐車をする人が多いと思いますが、

 

 

続きます!!!