私:当時ハタチ、元ヤンビッチ

彼:社会人一年生

 

 

ハタチにもなると元ヤンとか

気まずいし彼の前では

猫5枚くらいかぶってた。

 

 

おとなしくて尽くすタイプ演じてたら

彼氏が仕事のストレスを

私にぶつけるようになった。

 

 

最初は「なんでそんなひどいこというの?」って

目を潤ませながらいってたんだけど、

当然増長した。

 

 

とうとうクッションとか柔らかい物を

私に投げ始めるようになったから、

殴られる一歩手前だなと思って

別れ話したらむちゃくちゃな運転されて

たまたまついた山に捨てられそうになった。