女子トイレは、生活に欠かせない場所ではありますが、女性の生態を如実に表す場のひとつでもあります。男性は、女子トイレをいったいどんな場所だと思っているのでしょうか? きっと彼らが想像するものと、実際の姿にはかなりの乖離があるはず! そこで今回は、「男性が勘違いしている女子トイレの実態」について、女性のみなさんにぶっちゃけてもらいました。

(1)いいニオイはしない

・「そんなにきれいじゃないし、いいニオイはしない」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「女の子らしいニオイが漂っていると勘違いしている」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

女子トイレと言えば、化粧直しなどに使われる、女性の“キレイ”を作る場所でもあります。ですが、だからと言ってかぐわしいニオイはしないのです。女子トイレのニオイはおそらく男子トイレのそれと同じでしょう。「女子トイレは臭い!」というのが現実なのです。

(2)音姫の存在

・「音姫の意味がわからない人が多い」(27歳/その他/専門職)

女性の大多数は、排泄音を紛らわす機能、通称“音姫”を使います。トイレの個室内に設置されている場合が多いですが、男子トイレでは使用機会も少なくなりそうですよね。これは自分の音をかき消すだけでなく、他人が用を足す音を聞きたくないという人のための配慮にもなっています。男性の「音姫」使用率は一体どのくらいなのでしょうか?

(3)女性はスカートを脱いで用を足さない

・「スカートをずり下げない。スカートはまくり上げ、パンツだけ下げる。勘違いしてる男子が多い」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

 

スカートをはいた女性がどんな風に洋式便座に座るのか、知らない男性がいるようです。女性にとっては当たり前ですが、スカートは脱ぎません。スカートをウエストまでたくし上げて用を足すのです。なかなか男性は想像しえない実態ですよね。

 

次のページに続きます★

 

 

 

 

(4)うわさ話や悪口はそんなに言わない

・「別にトイレでうわさ話をすることはない」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「女子トイレでは女子トークはしていないと思う」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

女子トイレと言えば、テレビドラマなんかではよく、井戸端会議や人の悪口を言いたい放題の場所として扱われるもの。しかし実際は、トイレは声の反響が大きく、よほど小声でないと人に聞かれてしまいます。個室に入っている誰かにも聞かれてしまう恐れが……。うわさ好きなイメージをもたれる女性たちですが、そこまでの危険は冒さないのです。

(5)女子トイレは戦場!

・「譲り合いの精神はまったくない」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「女子トイレは、実は男子トイレよりも使われ方が雑」(24歳/小売店/事務系専門職)

女子トイレは、誰もがやさしい心を持ち寄ってていねいに使われているとも限りません。

 

 

次のページに続きます!