女優の倉科カナと俳優の竹野内豊の交際をフライデーがスクープ。実は極秘入籍・結婚しているという噂もある二人の交際から現在までの経緯をまとめています。

倉科カナのプロフィール

名前:倉科カナ(くらしなかな)
生年月日:1987年12月23日
出生地:熊本県熊本市南区
身長:158cm
血液型:O型
職業:女優
ジャンル:テレビドラマ、映画、CM
活動期間:2006年 –
著名な家族:橘希(妹)
事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 – )は、日本の女優、タレント。熊本県熊本市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

熊本信愛女学院高等学校卒業。高校3年生のとき、冒険心から受けた[1]「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した[2]。しかし、当時は学業を優先していたため、卒業を待って上京し、本格的にタレント活動を開始した。ちなみになお、最初に事務所に送った履歴書はフリーペーパーから引きちぎったものに、友人に言われた通りに名前と写真とスリーサイズのみを書き、不要になった他の欄の部分は手で切って半分にしたもので、ヨレヨレの物だったという。それでも社長は事務所入りを認めた[3]。

2006年「ミスマガジン2006」でグランプリを獲得

2006年「ミスマガジン2006」でグランプリを獲得

過去には北乃きいや岩佐真悠子、新川優愛などが獲得。

2006年6月、『ミスマガジン2006』でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。同年10月からはTBS『開運音楽堂』に出演。2006年7月からの一時期、「ミスマガジン」フットサルチームに加入していた。

連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロインに抜擢

連続テレビ小説「ウェルかめ」でヒロインに抜擢

出演者は倉科カナのほか石黒賢、羽田美智子、大東俊介、武田航平、岩佐真悠子、田中こなつ、坂井真紀、正名僕蔵、益岡徹、星野知子、芦屋小雁、室井滋など。

2009年後期のNHK連続テレビ小説『ウェルかめ』に1775人[1]の応募者の中から選ばれ、同年秋から2010年春まで主演(ヒロイン役)を務める[4]。NHK連続テレビ小説のヒロインのオーディションは『どんど晴れ』から受け続け、これが5回目の挑戦だった[5]。ミスマガジン出身者がNHK連続テレビ小説のヒロインを務めるのは『はね駒』(1986年前期)の斉藤由貴以来23年ぶり。この頃よりグラビア活動を終え、女優に完全に転身。

その後はトップ女優として活躍中

その後はトップ女優として活躍中

テレビドラマ
『根津サンセットカフェ』
『ウェルかめ』
『名前をなくした女神』
『私が恋愛できない理由』
『ファーストクラス』
『刑事7人』
映画
『GROW 愚郎』
『スーパーカブ』
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』
『夢売るふたり』 など

次へ↓ ↓ ↓